ガジェット

Notime icelady使い方 脱毛効果なし?? VIOにも使える

Notimei celady効果

こんにちはみるちゃ(@milcha_on)です。

ツイッターを見てると、Notimeからiceladyという家庭脱毛器が発売されたらしく、YouTuberの方々がレビュー動画を上げています。

自分は男だけど、髭は脱毛したかったので、気になり購入しました。結構人気なようで、在庫も残りわずかとなっていました。

発売されたばかりで、まだ口コミも少なく、購入したいけどどうなの?という声がいろいろあったので、レビューも含めて、使い方なども紹介していきます。

Notime iceladyを購入

iceladyを購入する前にケノンという家庭用脱毛器も使用していました。というか今も使用しています。

こちらのケノンもかなり良くて、ケノンを使用して3年が経ったので、実際の効果を記事にしました。

ケノンのメリット・デメリット
脱毛器ケノン効果はない??3年使用して分かったデメリットと口コミの真実ヒゲ脱毛をしたいと悩み最初に購入したのがケノンです。1年前くらいにiceladyという家庭用脱毛器を購入し、現在2台持ちです。 2...

Notime iceladyとは??

2017年11月に設立された株式会社ザ・マーチャント・オブ・ファクトリーズが手掛ける、ブランド名です。

この会社は、VONMIE(ボミー)というEMSマットを発売したことでも有名で、発売から半年で、累計10万台を突破。

VONMIEはマットに足を乗せるだけで、痩せるという話題のEMSを使ったダイエット器具です。VONMIEの第二弾では二の腕用も販売されいます。

主に美容機器を販売されている会社になります。今回は、この会社からNotime iceladyという家庭用脱毛器が新登場しました。

安く購入するには??

公式では税込み33,000円でしたが、楽天を見ても値段は変わりませんでした。楽天の方がポイントが付いて送料も無料なので楽天の方がお得ですね。

公式では工場直営となっているので、注文されてから製造・販売という形になると思います。配達までに時間がかかります。

楽天で購入すると、販売元が既に在庫があると思うので、公式サイトで購入するより早く到着すると思います。

iceladyのスペック

サイズ高さ184mm 横幅170mm 厚さ58mm
重量370g
消費電力48W

ディズニーのバズライトイヤーのアトラクションのような銃の形状をしていて、重量も軽いので長時間使っていても疲れません。

電気代も電力会社にもよりますが、1円~4円程なので、そこまで高いものではないですね。

iceladyの使い方

iceladyのセット内容箱を開けると、2段になっていて、画像にあるのが、icelady本体とアタッチメントです。
icelady 保護メガネと説明書、ACアダプター下の段は、保護メガネとACアダプターと説明書が入っています。
icelady本体本体はこんな感じで、ディズニーランドのアストロブラスターの銃くらいの大きさだと思います。(分かりにくい)

手に持った感じは、銃のおもちゃみたいです。特別重いわけではありませんが、550mlのペットボトル持ってる感じですね。

3つのボタンは、左から-ボタン電源ボタン+ボタンとなっています。

  • 電源ボタン・・・2秒長押しでオン、1回押しでモード切替
  • +ボタン・・・1回押しで照射レベルを上げる
  • -ボタン・・・1回押しで゙照射レベルを下げる

iceladyの反対側反対側は熱の排気口になっていて、ここから熱が逃げるようになっています。
icelady正面正面は照射部分がマグネットになっていて、アタッチメントは近づければ、勝手にくっつきます。

照射部分の周りは、クールダウンプレートという冷却機能を持っていて、照射部分を冷やしながら、照射出来ます。この冷却のおかげで、痛みを感じにくい設計になっています。

下のボタンが照射ボタンです。

アダプター接続場所下の部分は電源アダプターの接続口になります。
icelady通電ランプコンセントに繋ぐと、-ボタンの横の通電ランプが紫に光ります。

icelady電源オン電源を入れるとディスプレイに88と表示され、通電ランプと+ボタン横の照射可能ランプが光ります。同時にファンが回り始めます。
icelady 照射HモードNotimeのロゴの横がディスプレイになっていて、モードとレベルが分かるようになっています。

Lは単発モードで、その横の数字が照射レベルになります。レベルは最大5まであります。
icelady HモードHは連発照射モードで連続で照射することが出来ます。最大レベルは5です。
icelady COモードCO、はクールダウンモードで、照射した肌をアイシングする機能です。照射ボタンは反応せず、レベルの変更は出来ません。

  • Lモード・・・単発照射出来るモードで、最大レベルは5
  • Hモード・・・連続照射出来るモードで、最大レベルは5
  • COモード・・・照射した箇所をアイシングします

当て方は、本体が90°になるように当てます。照射可能ランプが常にクルクル回っていますが、肌に当て照射可能になるとランプが止まります。

使用時は、保護メガネをするように書かれていますが、かけなくても肌に密着していれば、そこまで眩しさはないかなと思います。

親切にカミソリまで入っています。照射箇所は剃ってから照射します。

アタッチメントの種類

iceladyアタッチメントの種類このアタッチメントはカートリッジではないので、これ自体には照射回数はありません。

このアタッチメントを使うことで、細かいところなどをピンポイントで照射することが可能になります。

特に指などの範囲が狭いところや肌の柔らかいところ、敏感な部分と使用する箇所によってアタッチメントを変えます。

広い面積の部分にはアタッチメントを装着せずに使用することも出来ます。

  • オレンジ色・・・指や口元、面積が狭く照射しづらい箇所に使用します
  • 赤色・・・頬などの柔らかい部分に使用します
  • 緑色・・・ワキやビキニラインに使用します

iceladyの脱毛器は痛いのか??

脱毛器って結構痛いイメージありますよね。以前はケノンを使っていましたが、レベルMAXだと場所によっては痛い。

長時間使っていると、照射部分が熱くなるので、尚更痛かったりします。

今回購入した、iceladyはレベルMAXでも全然痛くありません。長時間の使用でも、そこまで熱くなることはありませんでした。

照射時に少し温かいくらいの感覚で、痛さなどは全くありません。iceladyの脱毛器は、照射プレートの部分がファンによって冷やされるので、痛みを感じません。

ただ、人によってはプレートの冷たさが熱く感じることがあります。
最初のうちは、熱いと感じたら手のひらで触り、冷たいというのを確認すると段々と慣れてくると思います。

照射スピードはどのくらい??

家庭脱毛器によっては照射してから次の照射までのスパンが長い場合もあるかと思います。
ケノンの脱毛器は2回目の照射に5秒程掛かりました。

長時間使用していると、照射出来るスパンが長くなり7秒以上かかることもありました。そうすると全身照射しようとすると何時間もかかります。

iceladyの場合、公式では0.9秒に一度自動照射と書いてありますが、これは肌に当てた瞬間に照射するという意味だと思います。

実際には、一度照射してから3秒間スパンがありますが、ケノンに比べれば短い方です。

全身約10分で脱毛出来ると言われていましたが、10分では終わりませんでした。手際の悪さなのかは分かりませんが、両足で10分くらいかなという印象。

全身照射するとなると20分くらいはかかると思います。それでも早い方ですよね。ケノンでは数時間使って脱毛してたのを約20分で出来るとなると全然いい方です。

気になるiceladyのお値段は??

iceladyを今回購入した理由はこれで、値段が結構安いことです。家庭脱毛器って結構高いし、その割に効果は薄かったりするものです。

iceladyのお値段は税抜30,000円です。結構安いですよね。ここまで安いと効果あるのか疑ってしまいます。おまけに新製品で口コミも少ないし。

僕的にはケノンも効果は高いと感じました。ですが、値段などを比べるとiceladyの方が勝ってしまう。

脱毛器ケノンicelady
値段69,800円(税込み)33,000円(税込み)

比べてみても、iceladyはコスパがいいですね。お金がない学生の方でも、手が届きそうなお値段です。ケノンの半額以下で買える点は、工場直営ブランドだからこそのお値段。

照射回数は約30万回使用できる

iceladyの脱毛器はカートリッジがなく、照射回数がなくなると終わりということになりますが、約30万回も照射出来るので、交換は不要です。

ケノンの場合は、カートリッジ式なので、照射回数がなくなれば、新しいカートリッジに交換出来ましたが、iceladyは交換が出来ません。

カートリッジの種類にもよりますが、レベル10で使用した場合は30万~50万回使用できます。照射回数はケノンの方が勝っています。

30万回使用出来れば、全身の毛がほぼ目立たない程にはなると思います。30万回でも十分脱毛出来ると言えます。

iceladyの口コミは??

発売から日にちが経っていないので、口コミなどを見て購入する方には効果があるのか疑わしいと思います。

これから肌の露出が増える季節🌻🌴 それなのに私の体は何⁉️

こんなに毛が生えてたら女の子じゃない💧 脱毛サロンに行きたいと思っていましたが 通わなければならないし、お金もかかるし…💰 家で簡単に脱毛したいな🏠💭

そう思っていた私は安さと口コミを見てこれにしよう❗️と、決めたのがこの「iceledy」❄️ 家出できてそこそこ安い方でなにより可愛い💕 今日届いて初めて使ってみました😶

熱いかなとか、肌に合うかなと言う心配をしていました💦
しかし、熱さも自分に合わせて調整でき、痛くもなく買ってよかったと思いました😊
まだ1回しか使ってないため、効果は出ていませんがこれからが楽しみです🌟

時間のある時に短時間でできる⏰ それも私に合っていていいなと思っています❗️
効果が出たらいいなと☺️ みなさんも是非❗️夏に向けて🌺 すべすべの女の子肌を目指しましょう😊

彼氏に綺麗になって褒めてもらいたいな💕 何か質問があればコメント待ってます📝 #icelady #光脱毛器

引用元:https://lipscosme.com/posts/2022554

 

こんにちは。 公式サイトで脱毛器iceladyを購入しました。
今だけ脚用のEMSもついてきたのでラッキーって気持ち!!!

私は腕と背中のうぶ毛が人よりもちょっと多くて悩んでいました。。(夏は基本的に腕は出したくないレベル) インスタの広告に出てきて1回目から効果が出て1ヶ月後にはすべすべになれる?! 正直怪しさしかない。。(笑)

でも3万円で他の脱毛器と比べたらやすかったので 思い切って購入しました!!!
注文して2日後だったかな?けっこうすぐに届いたのは高評価ポチっ!!

実際、使ってみての感想は 確かに1回目から効いてる感は実感できました。
光がバチってなったところが熱くなって今毛根燃えたの?っていうイメージ!!
ただその1回だけじゃちゃんと脱毛できたのかわからないので1週間に3回使用して1ヶ月使ってみました。

その結果なんと!! ツルツルまでは惜しくもいかなかったけど確実に薄くなってるの(ほんとに!!) あと1ヶ月続ければツルツルになるのは確信した。

クチコミはここで終わり!! とりあえず、また1か月後にどう変化したのかはレビューしたいと思います。
私のようにうぶ毛に悩む方がいれば少し時間はかかるかもだけど薄くなるのは実感できるから参考になればいいかな!! また1か月後に会いましょう☆

引用元:https://lipscosme.com/posts/2022546

 

SNSの広告で見つけて、不安ながらも購入…🙌
ずっとケノンを買おうと思ってたところに3万円代で買えるということで、効果があればいいな程度に購入しました。

痛いことがすごく苦手な私なので、脱毛サロンに行く勇気も出ず、だけどやっぱり脱毛はしたいということで、ずっと家庭用脱毛器を探していました。

届いたばっかりなので、とりあえずまだ1回照射しかしておりませんが…

全然痛くない!!ちょっと熱いと感じる部分もありますが、痛みというのは感じないです。

脚はL5、皮膚の薄い部分は熱さを感じた具合でレベルを下げて照射しました。
たぶん普通の人なら、痛いとも思わないくらいなのではないかと思います(私がすごく痛がりなので) 私はVIO部分👙もお手入れしたかったので、このiceladyはvio部分への照射がほんとに簡単でした。

アタッチメントもビキニライン用のものにするとレベル4くらいで照射しても痛みはありませんでした。 あとは、なんといっても、ほんとに肌がスベスベになります。

広告で見たときも話半分で見ていたので、ほんとにこんなにスベスベになるとは思いませんでした🤣👍
個人的な利点をまとめると

・照射によって肌がすべすべになる
・(痛がりな私が)熱さは感じるが、痛くてできないということは無かった
・VIOへの照射が簡単

今のところ悪い点はありませんでしたが、脱毛の効果自体はもちろんまだわからないので、期待しつつ、お手入れしたいと思います🥺💕

あとはしっかりと脱毛効果があるといいのですが、、 また何ヶ月か後に結果が出たら投稿しようと思ってます🙇‍♀️🙇‍♀️ #icelady #家庭用脱毛 #家庭用脱毛器 #脱毛

引用元:https://lipscosme.com/posts/2097360

これはLIPSというコスメ専用口コミサイトです。
他にもiceladyの口コミが載っているので、是非確認して見て下さい。
iceladyの口コミはこちら→LIPS icelady(アイスレディ)の口コミ
故障時のサポート対応もいいようで、あまり不満の声はないように思えました。

iceladyの脱毛器で注意したいこと

脱毛器は黒いものに反応する

全ての脱毛器が黒いものに反応するように出来ています。そのため、黒目の部分にも反応することになります。

単発照射の場合は、そこまで心配はいりませんが、連続照射の場合、黒いものに照射面が合っていれば、照射されてしまいます。

僕も一度このような経験があり、連続照射でコードが邪魔で本体を回したところ目に照射してしまいました。

幸い何も異変はありませんでしたが、最悪の場合失明や、斜視になるリスクがあるようなので、散乱した光は特に悪影響はありません。

直接光を見てしまわないように気をつける必要があります。そのために、保護メガネが付属されていることが多いです。

クールプレートが人によっては熱く感じる

iceladyは、照射時の痛みを軽減するため、照射面にクールプレートがあり、冷やされるよう出来ています。

僕の体感ですが、そのクールプレートの冷たさが熱く感じてしまいます。そのため、口元や顔周りは熱いんじゃないかと不安になります。

ですが、実際は熱くはないので、冷たさが熱いと感じる場合は、手のひらで冷たいことを確認してみると、慣れてくると思います。

照射可能ランプが点灯しない

通常肌に当てていない時は、+ボタン横の照射可能ランプがクルクル回っていて、肌に当てた時に照射可能ランプが点灯します。

ですが、面積の狭い部分や肌が柔らかい部分には反応しない時があり、コツが必要です。照射可能ランプは、肌に当てた角度が90度の時に点灯するようになっています。

なので、本体を肌に当てた時に、本体の角度が90度になるように調整します。そうすることで、照射可能ランプが点灯します。

ボタンを押しても反応しない時は、長時間の使用で本体が熱くなるので、時間を置いてから試してみると、問題なく作動すると思います。

平らな部分でも全く反応しない場合は故障の可能性がありますので、カスタマーサポートにお問い合せ後、交換等の対応をしてもらえます。

お問い合わせ

iceladyのメリット

レベルMAXでも痛くない

脱毛器って皮膚が弱く毛が太い程痛みが強くなりがちです。実際に女性より、男性の方が毛が太めなので痛みは強いです。

ケノンの場合はヒゲはアイスノンなどで冷やしてから照射してもしたがiceladyは冷やすことなく、レベルMAXでも痛くないのが特徴的です。

そのため、VIOなどのデリケートな部分はNGな脱毛器が多い中、iceladyはVIOにも使えます。個人差はあると思いますが、どんなに太めの毛でも痛みはありませんでした。

火傷のリスクが低い

ケノンの場合、レベル高い程熱を持ち、それが長時間となると照射面が触れないくらいに熱くなります。

照射面が熱を持つと照射した時に痛みを感じやすくなります。その反面iceladyは、長時間使用してても、照射面はそこまで熱くなりません。

照射スピードが早い

ケノンを使用していた時は、使用すればするほど、次の照射出来るまでのスパンが長くなるので、片足照射するだけでも30分くらいはかかります。

iceladyは使用していてもスパンは3秒間と変わらず、連続照射モードにすれば、肌を滑らせるように照射出来ます。

全身10分は無理でしたが、30分以内には終わるかなぁ~という感じでした。

iceladyの効果

iceladyを使ってみて分かったことは、照射スピードが早いので、全身脱毛しても1時間も掛からなかったです。

公式では、「全身10分で終わる」と書かれていますが、流石に10分では終わりませんでした。

実際の効果は、ケノンと比べると劣るものの、脱毛効果は有るので、継続していこうと思います。

ケノンを使うより、早く終わるのでめんどくさがり屋の人でも継続できるのではないかと思います。(ケノンは脱毛効果高いけど続かない。)

ケノンは出力が高く火傷しそうな感じはありましたが、iceladyはほとんど熱くならないので、脱毛出来てるのか疑ってしまいますが、効果はありました。

ケノンは1回脱毛するのに掛かる時間は長いですが、トータルすると毛が生えなくなるまでの照射回数は少ないように感じます。

それでも家庭用脱毛器なので完全に生えなくなるまでに20回近くの照射は必要になります。

iceladyの場合は、1回脱毛するのに掛かる時間は短く、毛が生えなくなるまでの照射回数は多いです。

早く効果を実感したい人はケノン、効果が出るまでは長いけど、1回の脱毛を早く終わらせたい方はiceladyと言ったところですね。

icelady VIOの使い方

iceladyはほぼ全身に使えるので便利ですよね。ただ、痛みの強い家庭用脱毛器だとVIOに照射するのはかなり怖いし、痛そうですよね。

VIOへのやり方も紹介します。

実際にV部分を照射してみましたが、特に痛みはなかったです。

VIOの部分には先ほど紹介したアタッチメントを使用します。icelady敏感肌用アタッチメント
この黄緑のアタッチメントは、敏感部分用なので、VIOなどのデリケートな部分に適しています。

VIOっていろいろ照射しにくい部分なので、アタッチメントで照射範囲を絞れるのもいいですよね。あまり、照射部分が大きいと少しやりにくい。

肌がかなり弱い僕でも照射した後の乾燥感などもないので、超敏感肌の方にとってはおススメです。

ケノンと比べて両方照射してみましたが、ケノンはかなり痛い!!耐えられるレベルではありますが、しっかり冷やさないと火傷します。

脱毛器は黒いものに反応するため、基本的に背中などの薄い毛よりもヒゲやVIOなど、太い毛は痛みも強くなります。

iceladyは冷やさなくても特に痛みが出ることはなかったので、冷やす手間が省けてスピーディーに照射が完了します。

痛みは個人差があるので、低い照射レベルから始めて、大丈夫ならレベルを上げるようにしましょう。

僕はレベルMAXでやりましたが、熱を感じる程度で痛みは特に感じませんでした。

O部分は毛を剃るにも苦労すると思います。僕の場合はT字のカミソリでO部分から横に滑らせて剃るようにしています。

脱毛する時は先程と同じ黄緑のアタッチメントを装着して照射します。

まとめ:iceladyはデメリットが少ない

脱毛器による悩みを元に作られたかのような脱毛器です。脱毛器を使用する際の悩みは、

  • 照射時の痛み
  • 照射までのスパン
  • 照射による熱
  • 脱毛にかかる時間

だと思います。iceladyはこの4つを満たしているので、肌の弱い人でも非常に使いやすく、「脱毛したいけど、めんどくさがりな人」でも短い時間で脱毛が完了します。

まだ、発売されたばかりで、脱毛の効果による口コミは少ないですが、照射した部分は毛が抜けてツルツルです。