雑記

UNSTOPPABLE DOMAINSとは??給付金がもらえるかも??

Unstoppable Domainsの始め方 PFP画像をPFPに追加して給付金をもらおう!

みるちゃ(@milcha_on)です。

仮想通貨が盛り上がっている今、情報はいろいろ入ってくるけど理解できないということも多いです。

その原因の1つに、全て英語表記というのが理解を難しくしています。新しい情報は日本から流行ることは少なく、全て海外からの情報がほとんどです。

そして、僕自身完全に理解しているわけではなく、紹介するものの中には間違った情報を書いている可能性も高いので、いろいろな人の情報を見て判断して頂ければと思います。

Unstoppable Domainsのどいうものなのか、PFPのやり方をご紹介します。

Unstoppable Domainsとは??

Unstoppable Domainsはサンフランシスコに拠点を置く企業で、仮想通貨などブロックチェーンのアドレスをドメインとして簡略化をするサービスを提供しています。

仮想通貨を送金したことがある人は理解しやすいと思いますが、仮想通貨の送金時にはウォレットアドレスというものが必要になってきます。

ウォレットアドレス(公開鍵)は、

0x3B81r4va9C3b5832i4938DcmaB93fk032cBDed2A

このように長いアドレスになっていて、これを入力するのはかなり大変でミスもおきやすいため、ほとんどのサービスではコピーができるようになっています。

そもそもこれらを手入力する人はいないと思いますし、危険なので必ずコピペするようにして下さい。1文字でも間違えると送金先に届かないので注意してください。

ウォレットアドレスが長いことは分かって頂けたと思いますが、このウォレットアドレスをドメイン化できるサービスがUnstoppable Domainsです。

ドメインは、「○○.com」や「○○.jp」などがありますね。Unstoppable Domainsの場合、いろいろありますが、「○○.crypto」などが選べます。

先ほどの長いウォレットアドレスを「coinlove.crypto」のようにドメイン化すると短く、入力ミスを減らすことができるわけです。

このブロックチェーンドメインはマーケットで売買することもでき、かなり人気なようでNFTとして10万ドルなどで取引されるケースあるようです。



Unstoppable Domainsで選べるドメイン

Unstoppable Domainsでは10種類選べます。cryptoが一番仮想通貨っぽくていいと思いますが、好きなドメインを選ぶことができます。

  • .x
  • .crypto
  • .coin
  • .wallet
  • .bitcoin
  • .888
  • .nft
  • .dao
  • .zil
  • .blockchain

これから増えるかは分かりませんが、今のところこのドメインを選択することができます。



Unstoppable Domainsの購入方法

ここからはUnstoppable Domainsでドメインを購入するやり方を紹介していきます。準備として下記のものを準備・登録しておいてください。

  • 取引所の開設
  • MetaMask(ETHをあらかじめ入れた方がいいかも?)
  • Matic Mainnetの設定
  • クレジットカード
  • googleアカウント

まずはUnstoppable Domainsにアクセスして登録を済ませておいてください。

 

右上のサインアップを選択します。

こちらはメールアドレスでサインアップしてもいいですが、googleアカウントでサインアップした方が楽なので、今回はそちらで進めます。

基本的にはサインアップするとこの画面に移動しますが、DomainsDomain Searchからこの画面に移動することもできます。

自分が作成したいドメイン名を入力して検索してください。「○○.crypto」の○○の部分を入力してください。

「.crypto」以外にもいろいろあるので、お好みで選んで「Add to Cart」を選択してください。

何回か検索しましたが、一番安くて$5でした。日本円換算すると12月9日現在1ドル=113.64円なので、568.18円です。

短いドメインほど高くなる傾向にあるようです。有名な名前などを付けると$2000とかだったので、ブロックチェーンドメインはかなり人気なことが分かります。

カートに追加できたら、Go to Cartをクリックして支払いに進んでください。

アメリカに住んでるかどうかを聞かれるので、Noを選択。その後Checkoutをクリックしてください。

paypalや仮想通貨払いもできるようですが、今回はクレジットカードで決済します。情報を入力したら、SUBMIT PAYMENTをクリックしてください。

これでドメインの購入は完了しました。今度はこのドメインをウォレットアドレスと紐づけします。

Go to my domainsをクリックして移動してください。

Free Mintをクリックしてください。DomainsMy Domainsからでも移動できます。取引所を経由せずにブロックチェーン上で取引を完結することをミントと言います。

これからこのミントする作業を進めていきます。特に難しいことはなくただウォレットと紐づける作業だと認識しておいてください。

polygonのブロックチェーン上でドメインをミントするということが書かれています。そのままContinueをクリックし、進みます。

新しいウォレットを追加するを選択します。

MetaMaskを選択します。他にもいろいろウォレットがあるので、お好きなウォレットを追加してください。今回はMetaMaskに追加する方法で説明します。

2個目のドメインをCoinbaseウォレットでやってみようと試しましたが、Appleストア上にアプリがありませんでした。

諦めてMyEtherWalletは過去にインストールしていたので、そちらを利用しました。MyEtherWalletはAppleストアにあります。

MetaMaskのウォレットを選択すると、MetaMaskが起動し、署名を求められるので署名しましょう。

I understand」にチェックを入れてConfirmをクリックします。

これで、ミントが完了しました。Track Progressをクリックすると進捗状況を確認出来ます。

DomainsMy Transactionsからも飛べます。画像では「Pending」となっていますが、これがCompletedになれば成功です。

完了するまで少し時間が掛かりますが、気長に待ちましょう。



Unstoppable Domainsで給付金が貰えるかも?

Unstoppable Domainsが人気の1つにENSで給付金が貰える可能性があるため、登録する人が増えています。

過去にも1度あったようで、これを逃した人はかなりショックだったと思います。まだ確定ではないのですが、貰えるかもという情報を目にした以上登録しないわけにはいきません。

一応貰えるんじゃないか?という証拠としてUnstoppable Domainsの公式ツイッターでツイートされた情報には、


と書かれています。

どういう意味かと言うと、今回ドメインプロファイルNFT画像の2つの新機能が追加されたようです。

ドメイン画像をNFTPFPに変更した人には来週あたりにプレゼントをします。

ドメインにNFTPFPを追加することが、今回Unstoppable Domainsからプレゼントが配れる条件になるようです。

NFTPFPを追加する方法も解説していきます。



ドメイン画像をNFTPFPにする

ドメイン画像をNFTPFPに変更する前に、準備として以下のものは事前に済ませておいて下さい。

  • OpenSeaに登録&MetaMaskへの接続
  • OpenSeaでNFT画像を作成

NFTPFPに変更するためには、OpenSeaに登録し、MetaMaskとウォレットの連携をしておく必要があります。

そして、OpenSeaでNFT画像を作成し、コレクションしておく必要があります。

PFPに追加する画像は当日に作成しても反映されないため、前もってOpen SeaでNFT画像の作成を済ませておく必要があります。

まだOpen Seaに登録していない人は、こちらから登録してください。

Open Sea上でドメインが正しく表示されない場合は、Open Seaのメタデータを更新することで、反映されます(1日1回のみ更新できる)。

ドメインがOpen Sea上に反映されている方は、注意点は飛ばしてください。

ドメインがOpen Seaに反映されていない場合は、まずOpen Seaにログインをして、プロフィールに飛びます。

本来は上の画像のように、青紫の背景になっているはずなのですが、ドメインの反映がされていないと、背景が白になります。

その場合は、Open Seaにログインしたら、プロフィールに飛び、自身が作成したドメインをクリック。

右上のリロードを押して更新してください。数分後に反映されます。

ドメインがOpen Sea上に反映されていた方は、こちらから進めて下さい。まず、My Domainsに移動し、作成したドメインが出てくると思います。

ドメイン名の横にあるManageをクリックし、管理先に移動してください。

Pictureをクリックし、Connect NFTをクリックすると、Meta Maskを通してOpen Seaの情報に接続することができます。

お好みの画像を選択し、Select NFTをクリックしConfirm Changesをクリック。

アクセス先のウォレットを選択する画面が出るので、Meta Maskを選択します。Meta Maskが開き、署名を求められるので、署名して完了です。

反映までには時間が掛かるので、気長に待ちましょう。

因みに、Open SeaでNFT画像を作成して、Unstoppable Domainsに反映されるまで1日掛かりました。

NFTのメタデータの更新は1日1回しかされないみたいなので、PFPする前日までには作成しておく必要がありそうですね。

ドメインとNFT画像を紐づける形になるので、結果的に下の画像のようにNFT画像に○○.cryptoとチェックマークが付きます。

時間が経ってもドメイン画像のまま反映されない場合は右上のリロードを押して反映するのを待ちましょう。

大体5分以内には反映されると思います。

Unstoppable Domains公式ツイッターの情報によるとツイートされた日が12月2日で、現在17日ですが、特にプレゼントの情報はまだ出ていません。

まだ間に合うかもしれないので、早めにPFPしましょう。