コスメ

TBCのSLENDERPAD2 痩せない??効果は?

最近太ったなぁ~と思って、筋トレとウォーキングを毎日やっているのだけど、体重MAX時は68kgあって、そこから63kgまで落としました。

期間は4ヵ月くらいかな?結構お腹周りも凹んだけど、まだお腹掴める。筋トレとウォーキングはまだ続けてるけど、シックスパックが浮き出てこない。

脂肪落とすってこんなに大変なのか!このままやってても効果なさそうなので、TBCのEMSパッドを購入。

これが結構すごくて、一日やってたら次の日筋肉痛になりました(笑)

最近腹筋が割れると人気なEMSとは

人間には微力ながら、電気が流れています。

これは心臓や内臓を動かしたり、腕や足を伸ばしたり曲げたり、これらは全て脳からの電気信号によるもので、電気を流すと筋肉は収縮する働きを持ちます。

EMSは電気を機械的に流し、筋肉を収縮させ鍛えるというメカニズムとなっています。

骨折した人などはやったことがある人もいるかと思います。長期間の固定などで筋肉が落ちた時にリハビリなどで使われることがあります。

EMSを使用すると、腹筋運動をしているのと同じ効果を得ることが出来ます。寝ながらでも出来るのが一番のポイントですね。

TBCスレンダーパッド2のセット内容・使い方


届いたので、開封していきたいと思います。


セット内容はこんな感じ。

  1. EMSパッド
  2. 保管用台紙
  3. リモコン
  4. 充電器
  5. サポートベルト
  6. 保管ケース

となっています。

リモコンの感触としてはゴム製でツルツルしていて、大きさは車のスマートキーくらいの大きさです。手のひらに収まるサイズです。重さは約18gとすごく軽い。

一番上のボタンが電源とモード切替のボタンになります。

長押しでON/OFF、短押でモード切替。下の+と-で出力レベルの調節が出来ます。

画面表示が消えてから+を一回押すと、使用中の出力レベルが表示され、同じく、画面表示が消えている時に-を押すと残りのタイマーが表示されます。

重さは受信機とパッドを含め約122gと、どのEMSパッドもこのくらいかな?

EMSのパッドってシックスパックの部分しかないのが多いイメージですが、TBCのスレンダーパッドは腹斜筋の部分まであり、効率よく筋肉が鍛えられます。
裏面はこんな感じで、ジェルパッドが8個付いています。
このジェルパッドの部分に電気が流れるので、隙間が出来ないように鍛えたい部分に張りつけます。

上手く貼れていないとピーっと3回鳴ります。
真ん中のシールは剥がさないよう注意書きされています。

Aモードを使用する場合、受信機の中心がおへそに来るように貼っていきます。

それでは、電源を入れていきます。
リモコンとパッドの電源ボタンを長押しして電源をつけます。青色に光ります。
モードは3段階あり、左からAモード:腹筋用 Hモード:お尻用 Bモード:腰用です。各モード20分経過すると電源が自動で切れます。

感覚の話ですが、Aモードはドクンドクンとグーパーグーパーを繰り返すようなプログラムです。

Hモードは、ビリビリビリという感じで主にパッドのサイドに電気が流れています。Bモードはトントントンとスマホのバイブレーションのような動きをします。

出力レベルは最大15です。正直ここまで出来る人いないんじゃないかな?めちゃくちゃ痛いです。汗かいてきます(笑)

男性の場合5~7くらいかなぁ~と思います。僕は8でやってますが、痛いので腹筋に力が入るのと結構疲れます。

女性の場合で3~5が丁度いいかな?という印象。男女共に鍛えている人はもっと上までいけるかもしれません。
リモコンもパッドも充電式でコネクター形状はmicroUSB Type-Bです。リモコンは下に、パッドは電源ボタンの反対側に充電ポートがあります。
充電をすると赤く光ります。初めて使用する際はリモコンとパッドを2時間程充電します。(満充電2時間)

一回の充電で腹部20分、ヒップ20分、腰部20分の合計60分使用しても充電が余っていたので、充電の持ちは良い方です。

出力レベルとバッテリーの劣化具合で使用出来る時間は変わってきます。
使い終わったらこの保管用台紙に貼って保管します。

詳しい使い方は下の動画で確認!!

TBC SLENDERPAD2 DXのメリット・デメリット

メリット

本当に効果がある
使ってみて感じたメリットは、本当に効果がある。

筋トレをするとパンプアップと言って負荷を与えた結果、血液やリンパ液の増加によって
一時的に膨らみ筋肉が硬く感じます。

EMSパッドもパンプアップしたので、普通の筋トレをするのと同じくらいの効果がありました。

鍛えたい部分を鍛えられる
筋トレの場合、意識しないと鍛えたい部分が鍛えられなかったり、やり方を間違えると
違うところに負荷がかかり体を痛める原因になります。

EMSパッドは鍛えたい部分をピンポイントで鍛えることが出来ます。

腰痛持ちでも鍛えられる
SLENDERPAD2のいいところは、腹部だけではなく、お尻や腰も鍛えられること。

腰痛持ちの方は腹筋をすることで悪化させる場合があるのですが、腰痛を防ぐには腰やお腹周りの筋力アップとお腹の脂肪を減らすことが重要。

ん!?腹筋トレーニングで悪化させるのに予防策は筋トレって、どうすればいいのさ。って思いますよね?

腰に負担をかけない筋トレはありますが、意識してやらないと痛めてしまいます。EMSパッドはそんなことを気にすることなく、腰回りの筋肉を鍛えることが出来ます。

バッテリーの持ちがいい
バッテリーの持ちがいいこと。出力レベルやモードによって差はあると思いますが、
レベル5~7で、3つのモードを試しましたが60分以上は持ってました。

デメリット

筋肉はつくが脂肪は減らない
これだけ推しておいて、はっ!?ってなりますが、そもそもEMSは電流によって筋肉を
動かすというものです。脂肪は有酸素運動で酸素を取り入れて燃焼します。

EMSは筋肉に働きはあるものの、脂肪には効果がありません。

ですが、筋肉を鍛えることで筋肉に使う消費カロリーを増やし、脂肪燃焼効率を上げた
結果、脂肪の付きにくい体質を目指すことが出来ます。

EMSを使うことでくびれが出来たという人もいるので、痩せることは出来ます。

それはEMSで脂肪燃焼効率を上げたからであって、EMSで脂肪が減ったとは言いにくいですが、結果的に脂肪を減らすのに繋がるということですね。

出来れば、有酸素運動も取り入れると効率的に脂肪を減らせます。

満充電時間が2時間と長い
検証してみた結果、1時間以上使えたのでそんなに気にすることはないと思います。

満充電に2時間は長く感じる人もいるかと思いますが、一回充電すれば、使用後は充電しっぱなしの人も多いのではないでしょうか?

この辺はそんなに心配する必要はないかと思います。

ジェルパッドが剥がれてくる
これはEMSパッド全般に言えることですが、使っているうちにジェルパッドが剥がれたり
切れてしまうことがあります。

これは消耗品なのでその都度交換する必要がありますが、交換時期やタイミングは、開封後1ヵ月、使用回数が30回で交換するよう説明書には記載があります。

目安なのでそれ以上使えますが、保管方法や取扱に気をつけた場合です。長期間使用しているとやはり、ジェルパッドの劣化が気になります。

ジェルパッドが丸まってしまった場合は、水で湿らした指でジェルパッドの内側から外側に向かって広げていくことで対処することが出来ます。

結局痩せるの?痩せないの?

結果を言うと痩せます。
脂肪を減らすには、有酸素運動より先に筋肉をつけることが一番重要です。

有酸素運動は脂肪を燃焼する運動ではありますが、運動後の食事などでエネルギーを余らせて脂肪に変わってしまいます。

余らせないために筋肉をつけて消費エネルギーを高めることが大事。筋肉をつけることで脂肪へ変わるのを防ぎます。

なので、結果としては痩せますし、出来れば筋トレと有酸素運動を取り入れて脂肪を減らすといいと思います。

女性の方などは、ムキムキになりたくないという人も多いと思いますが、女性の場合、人生筋トレにつぎ込まない限りはボディービルダーのようなシルエットにはなりません。

筋肉をつけるには男性ホルモンが必要になってきますが、女性の場合は女性ホルモンが優位なので、ムキムキになるよりかは細く引き締まった体になります。

スレンダーパッドをお得に購入するには

TBCの商品はどの商品も高めで、公式から買うと結構の値段がします。
少しでもお得に購入するために、下記にまとめました。

TBCオンラインショップ29,480円
アマゾン29,480円
ディノス23,980円

ディノスなら5,500円も安く購入することが出来ます。

https://shop.tbc.co.jp/tbc/ItemDetail?cmId=665

ジェルパッドもTBCオンラインショップで購入することが出来ますが、
4,070円します。た、高い!!(汗)
こちらはアマゾンなどで互換品を探してみてもいいかもしれません。

Top-Touch スレンダーパッド2/PRO/DX対応互換ジェルパッド ボディ・ヒップ用 互換 ジェルパッド 交換パッド 楕円型4枚+丸型4枚 パッド 日本製ゲル採用 ポスト投函 スレンダーパッド互換品 スレンダー 正規品ではありません 互換品

まとめ:楽で、効果もあるのでおススメ!!

太りやすかったり、代謝が悪い人は食事制限や有酸素運動などで、摂取カロリーを減らし、
消費カロリーを増やすことで効果が表れてくると思います。

消費カロリーを上げるには、筋トレや有酸素運動が必要なわけですが、毎日ウォーキングをするのは難しいし、少し歩いたくらいでは効果はあまり期待出来ません。

筋トレを優先的にやって筋肉に使う消費カロリーを上げたいのですが、腰痛持ちや、筋トレが嫌いな人もいると思います。

そういった人はEMSパッドで楽に鍛えることが出来れば、毎日続けられるのではないでしょうか?

僕は筋トレを毎日していますが、面倒くさいなぁ~って思うこともあります。

筋トレだけに1時間も使ってられないので、5~20分筋トレをしたらEMSパッドを貼って、大学の課題やったりしています。

効率的な面でもスレンダーパッドはおススメしたい商品です。

ダイエットって即効性はない上に、短期間のダイエットはリバウンドする確率が高いです。
毎日コツコツ続けることが大切です。

僕は今のところ出力レベル8が限界ですが、続けることで慣れて辛くなくなってくるので、
出力レベルを上げて、少しキツイなぁ~くらいのレベルで続けます。

あまりにも高い出力レベルでやると筋肉を傷めてしまうので、自分に合ったレベルから
スタートしましょう。