MENU

イーサリアム(ETH)ネットワークからポリゴン(Polygon)を送金する方法

  • URLをコピーしました!

こんにちはみるちゃ(@milcha_on)です。

Bloktopiaというメタバース関連の仮想通貨をステーキングできるみたいだったので、試しにやってみたのですが、苦戦しました。

今回blokをステーキングするのにガス代として、ポリゴンを利用することになるのですが、ポリゴンネットワークにポリゴンを追加するやり方が分かりませんでした。

そして試行錯誤している間に無駄に手数料を払ってしまったので、これからイーサリアムをポリゴンにブリッジする方は無駄な手数料を払わないように注意してください。

今回はイーサリアムネットワークからポリゴンネットワークにポリゴンを送金する方法を解説します。

目次

ポリゴンネットワークにブリッジするのに必要なもの

まず、ネットワーク間で違う通貨に換えて送金することをブリッジといいます。例えば、メタマスクではイーサリアムネットワークがデフォルトになっていると思います。

イーサリアムを基盤とするものが多かったのですが、ガス代(手数料)が高いため、ガス代を抑えるべく登場したのがPolygon(ポリゴン)です。

しかし、このポリゴンをポリゴンネットワークにブリッジするには、イーサリアムが必要です。ポリゴンが登場しても、結局イーサリアムは使います。

通常、送金時に選択したネットワーク宛にポリゴンが送られます。バイナンスであればBNBスマートチェーンというネットワークがあります。

今回はイーサリアムネットワークに間違えて送金したポリゴンをポリゴンネットワークにブリッジします。

イーサリアムネットワークからポリゴンネットワークにブリッジするのに必要なものは、

    用意するもの
    • Metamask(Matic Mainnet)
    • イーサリアム(ブリッジ手数料)
    • ポリゴン(イーサリアムネットワークにある状態)
    • Polygon Web Wallet v2

    です。イーサリアムはブリッジするのにガス代(手数料)として掛かるので取引所で購入しておいてください。



    Metamask(Matic Mainnet)とPolygonを表示する設定

    ポリゴンをMetamaskで利用する場合は、ポリゴンネットワークの作成をする必要があります。

    ポリゴンネットワークの追加設定が必要です。

    Metamaskを開き、右上のネットワークを選択する画面からネットワーク設定をクリックします。

    この画面が表示されたら、下記の情報を入力していきます。間違えないようにコピペをした方が安心です。

    ポリゴンネットワークの設定

    • ネットワーク名:Matic Mainnet
    • RPC URL:https://rpc-mainnet.maticvigil.com/
    • チェーンID:137
    • 通貨記号:MATIC
    • ブロックエクスプローラURL:https://polygonscan.com/

    これをコピペして保存をしてください。これでポリゴンネットワークの追加は完了です。

    次にイーサリアムネットワークにポリゴンを送金してしまった場合、そのままでは何も表示されません。

    資金損失してしまったかと焦るかと思いますが、トークンのインポートをすればちゃんと表示されるので慌てる必要はありません。

    まず、ネットワークがイーサリアムメインネットになっていることを確認して下さい。

    そのまま下にスクロールするとimport tokensがあるのでクリック。

    カスタムトークンを選択し、トークンコントラクトアドレスの部分に下記のアドレスをコピペして下さい。

    コントラクトアドレス: 0x7D1AfA7B718fb893dB30A3aBc0Cfc608AaCfeBB0

    アドレスを貼り付けると、シンボルなどは自動で入力されるので、Add Custom Tokenをクリック。

    これでイーサリアムメインネット内にMaticという表示があれば完了です。

    これでイーサリアムネットワークにポリゴンを表示する設定と、ポリゴンネットワークを追加することができました。



    イーサリアムネットワークからポリゴン(Polygon)をブリッジする

    僕と同じようにポリゴンをMatic Mainnetに送金しなければいけないところ、イーサリアムメインネットに送金してしまった人もいるかもしれません。今回はその場合の対処法です。

    間違えなければ、特にブリッジする必要はないですが、送金時にポリゴンに対応していない取引所の場合は利用するかもしれません。

    ポリゴンはイーサリアムメインネットに存在している前提で解説します。

    イーサリアムをMetamaskに送金します。国内取引所であれば、CoinCheckやBitFlyerなどで購入できます。僕はBitFlyerのLightning取引をおススメします。

    取引手数料が0.01%~0.15%と安いです。送金手数料はどちらも0.005ETHが掛かるので手数料負けしないようイーサリアムを購入して下さい。

    僕はポリゴンを購入したということもありバイナンスでイーサリアムを購入しました。

    そのままMetamask宛にイーサリアムを送金します。ネットワークはERC20を選択し、イーサリアムメインネットに送金します。

    ネットワークの選択を間違えると資金を損失してしまうので間違えないように。BNBなどを選択するとBNBネットワークにイーサリアムが送られ、ブリッジすることができなくなります。

    ガス代を抑える場合、他のやり方もありますが、今回はイーサリアムネットワークで送金します。

    送金には大体2分~10分ほどかかります。トランザクションの詰まりなどで1日かかる場合もあります。送金が確認できたら、Polygon Web Wallet v2にアクセスします。

    右上のConnect to a walletをクリックしてMetamaskと接続します。接続できたら、Polygon Bridgeをクリック。

    ネットワークがイーサリアムチェーンになっていることを確認し、ブリッジする通貨を選択します。僕の場合すでにポリゴンがないため、表示されません。

    イーサリアムネットワーク内にある通貨がリスト上に表示されるので、イーサリアムネットワークにない通貨は表示されません。

    ブリッジしたいイーサリアムの数量を指定してTransferをクリックすればブリッジされます。

    ブリッジ後、Metamask内のポリゴンネットワークにポリゴンがブリッジされているか確認してください。



    ETHからPolygonのブリッジは簡単にできる

    僕はかなり苦戦していましたが、ブリッジ自体はかなり簡単です。こんな簡単なのに思考錯誤しているうちに無駄な手数料を払っていました。

    最終的にポリゴンをイーサリアムネットワークに送金し、そこからポリゴンをポリゴンネットワークにブリッジする方法で何とかできました。

    bloktopiaにステーキングする場合は、必ずBlokという仮想通貨が必要です。手数料を抑えるためにガス代としてポリゴンが使われています。

    Matic Mainnetをを使用するので、イーサリアムメインネットに送金しないように注意して下さい。



    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる