雑記

ワードプレスのバックアップと復元方法

ブログを運営していく上で、テーマやプラグインの更新などが頻繁にあると思います。
更新や変更を加えることで、カスタマイズの崩れなどが起こることがあります。

その時のために、バックアップを取っておく必要があります。
僕みたいな初心者には、「バックアップを取ればいいのね」と思っても、どこでバックアップを取るのか、どのファイルをバックアップすればいいのか?

ファイル名もほとんどが英語表記なので、頭が混乱します。
バックアップを取っても復元のやり方が分からない場合もあります。

エックスサーバーからConoHaWINGにサーバーを移行するのにバックアップと復元を繰り返しましたので、バッチリ覚えました(笑)

バックアップ方法は2種類

BackWPupプラグインを使用する

バックアップを取るのにおススメなのがBackWPupというプラグインです。
このプラグインはスケジュールを決めて、定期的にバックアップを取ることも出来るのでおススメです。

僕は、主にパソコン・外部HDD・dropboxの3つにバックアップファイルを保存しています。

FTPソフトを使用して手動でバックアップする

FTPソフトはいろいろありますが、僕が使っているのはFileZillaというFTPソフトです。
シンプルなので一度設定してしまえば、使いやすいと思います。

BackWPupのプラグインは、バックアップ専用で使用していて、復元も出来ますが、使いにくいのとエラーが出てしまうので、復元はFileZillaを使用しています。

今回はBackWPupプラグインでバックアップして、FileZillaで復元する方法を紹介するよ

 

BackWPupプラグインを使用する場合

BackWPupプラグインをインストールし、有効化にします。

BackWPupプラグイン新規追加クリックワードプレスの管理画面からBackWPup→ジョブまたは新規ジョブを追加を選択。
上の新規追加をクリック。
BackWPupジョブは好きな名前、データベースとファイルのバックアップ、プラグインにチェックを入れる一般を選択し、ジョブの名前は好きな名前を入れる。

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • インストール済みのプラグイン一覧

にチェックを入れます。
アーカイブ名はそのまま、形式はZipを選択します。アーカイブ名はデフォルトのままで、アーカイブ形式はZipを選択します。
BackWPupの保存先はフォルダーへバックアップを選択。フォルダーへバックアップを選択します。Dropboxにバックアップする場合は、チェックを入れます。今回はフォルダーのみにします。

ログの送信先アドレスとメールの送信限はデフォルトのままです。
エラーにチェックを入れます。エラーがあり、バックアップ出来なかった場合、メールで通知が来ます。
BackWPupのスケジュール設定WordPressのcronを選択。
BackWPupのスケジューラーの設定は基本にしておくスケジューラーは基本を選択しておきます。
バックアップのサイクルはお好みで設定します。
BackWPupのデータベースバックアップの設定バックアップするテーブルは基本的にデフォルトのままです。チェックが外れている場合は、チェックを入れておきましょう。バックアップファイル名もデフォルトのまま。

バックアップファイルの圧縮はGZipを選択します。
BackWPupのプラグインは特に変更なしプラグイン一覧のファイル名もデフォルトで、ファイルの圧縮はなしを選択。
BackWPupプラグイン バックアップの宛先を設定するバックアップファイルの宛先はデフォルトでもOK!
変更する場合は、ワードプレスが格納されているファイルにBackupフォルダーを作り、指定すると分かりやすいです。

保持するファイル数は多いと容量が重くなるので、5~10個程でも大丈夫です。

古い順から消えてくので、逆に少なすぎると、戻したいバックアップファイルがあっても、消えてしまっていて戻せない場合があるので注意。

FTPソフトでバックアップと復元を行う方法

FileZillaをインストールし、起動させます。
FileZillaを起動しサイトマネージャーを開く起動したら、ファイル→サイトマネージャーをクリック。

新規フォルダーをクリックし、フォルダー作成

新しいサイトをクリック

成したサイトをクリック

FTP情報を入力

接続する

プロトコルはFTP-ファイル転送プロトコルを選択。
ホストは、各サーバーのサーバー情報から確認することが出来ます。

暗号化は使用可能なら明示的なFTPoverTPSを使用を選択。
ログオンタイプは通常

ユーザー名パスワードサーバー登録時に届いたメールに記載されているユーザー名パスワードを入力します。
FTPソフトのバックアップと復元をやり方FileZilla左がPC側のファイルで右側がサーバー側のファイルです。

バックアップする時はサーバー側からPC側にドラックして持ってくることで、バックアップが出来ます。

復元する場合は、PC側のデータをサーバー側に持ってくることで復元出来ます。

ファイルを持ってくる時に既存のファイルに重ねてドラックすると、ファイルの中に入ってしまうので、何もないスペースに持ってくるように注意しましょう。

復元する時にどのファイルを持ってくればいいの?

カスタマイズなどが崩れた時に、復元を行いますが、どのファイルを持ってくればいいのか悩むと思います。

人によって、ファイル名などに違いがあると思いますので、自分のブログファイルがどこにあるのか把握しておきましょう。

  • wp-adminは主に管理画面を構成するデータが格納されています。
  • wp-contentはカスタマイズやテーマプラグインが格納されたファイル。
  • wp-includesはワードプレス全体のシステムファイルが格納されています。

ワードプレスを利用するにはこの3つのファイルが必要です。

プラグインの導入やテーマの更新でカスタマイズが崩れた時に確認や復元をする時はwp-contentファイルをいじります。

wp-contentファイルの中にもいろいろなファイルがあります。

languagesテーマに必要な言語が格納されています。
pluginesプラグインのデータが格納されています。
themesテーマや子テーマが格納されています。
upgradeアップデートに使用されるファイルです。
uploads画像や動画などが入ったファイル。

この中でも、主に復元に使うファイルはpluginesとthemesとuploadsになります。
themesにはカスタマイズされたCSSなどもあるため、テーマが崩れた時は、themesファイルを復元します。

復元する上での注意点

僕も少し前にサイトの表示が崩れ、改善せずにやけくそになっている時期がありました(笑)

面倒だから「ファイル一式持ってきちゃえ」って復元した時があるんですが、サイトにアクセスした時に、画面真っ白にエラーコードが表示される事態が起こりました。

すごく萎えました。ショックでした。結局調べに調べまくって自力で直したんですけど、時間を無駄にするので、ワードプレスのファイル一式をドンっと持ってくることはさけた方がいいです。

原因は、ファイル一式をサーバーにアップロードした時、失敗したファイルが何個もあり、それと同時にサーバー側のアップに失敗したファイルと同じファイルが消えていたために、サイトが崩れてしまいました。

こういったことが起きてしまうので、復元する時はテーマファイルならテーマファイルの中身を、プラグインならプラグインファイルの中身を復元するようにしましょう。

ファイルをいじった時にサイトが崩れる場合は、FTPソフトでバックアップしてある、PC側のファイルとサーバー側のファイルと照らし合わせて、PC側にあり、サーバー側にないファイルを探すと、どのファイルを消すと影響があるのかが分かります。