MENU

DeFi(分散型金融)とは何なのか簡単に解説!!

  • URLをコピーしました!

みるちゃです。

今回は仮想通貨取引などで使われるDeFiという言葉について簡単に解説したいと思います。

BybitやBinanceなどの仮想通貨取引所を利用されている方は目にする機会が多いと思います。

これからの時代銀行がいらなくなる可能性も出てくるので、DeFiという言葉は知っておいて損はしないと思います。

目次

DeFi(分散型金融)とは??

まず、DeFiの読み方はディーファイと読みます。このDeFiはDecentralized Financeといい直訳すると分散型金融と言います。

中央管理者がいない金融仲介アプリケーションとも言われていて、分散型金融はお金のやり取りをする際に銀行などの金融機関を仲介することがありません。

私たちがお金を預けたり、振込をする時などは、銀行の窓口やATMを仲介して預け入れや振込をすると思います。


これが中央集権型と言われ、金融機関を通した場合の取引履歴などは利用した金融機関のコンピューターで記録されます。

利用した銀行などで取引履歴が管理されているものが中央集権型と言い、今までは、すべての取引は金融機関を通して行われてきたね。

 

 

この中央管理者がいない状態で行われるやり取りがDeFiで、取引履歴などはブロックチェーン上で記録され、ユーザー同士が管理をしています。

中央集権型では金融機関のみが管理システムを持っていましたが、仮想通貨の多くは管理システムをユーザー全員が利用でき、監視をし合っています。

この分散型金融の仕組みを利用し、様々な運用方法が誕生しています。



DeFi(分散型金融)のやり方

DeFi自体は、分散型金融というアプリケーションのことを指します。実際にはDeFiの技術を利用した運用方法が展開されています。

BybitにあるByFiはDeFiを利用したもので、いろいろな種類の運用方法があります。

積立ステーキング

積立ステーキングでは、BTCやETH、USDT、USDCなどのトークンを預け入れて低リスクで安定的に利回りを得ることができます。

DeFiマイニング

DeFiマイニングは、低い手数料や注文時と成立時の差額でステーブルコインを取引するためのプラットフォームです。

資金を預け入れると取引手数料とトークンを手にすることができます。

ローンチプール

資金を預け入れることで新たなトークンを手に入れることができます。預け入れた資金はいつでも払い戻し可能です。もらえるトークンは取引所や時期によっても違います。

DeFiはかなり稼げる

DeFiを利用した運用は、これまで銀行などで取引していた仕組みを自動化したものに近いです。

銀行にお金を預け入れると、そのお金を必要とする個人や企業などに貸出という形でお金が渡ります。

その貸出報酬として利息が付くのが今までの銀行でした。ただ今現在の銀行は低金利なので預けていても一向にお金は増えません。

今まで銀行がやっていたシステムを仮想通貨に応用したのがDeFiであり、高金利なので儲けることができます。

仮想通貨は流行り始めてまだ間もなく、法整備が整っていないため、不利な部分もありますが、将来的には仮想通貨が主流になる時が来ると思います。

未来への投資として、DeFi運用を始めてみるのもいいかもしれません。

DeFiはかなり資金量の多さに依存してしまうのが、デメリットでもありますが、少ない資金でも利用してみる価値はあると思います。

新たなトークンを得ることで、将来そのトークンが高騰する可能性もあるので、今からでもDeFiを利用した運用を始めてみてはいかがでしょうか。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる