ガジェット

SIMフリーとは?格安SIMでスマホ代を安く抑える

格安SIMに乗り換えて月々のスマホ代を節約しよう

最近話題のSIMフリー。mineoやYmobileなどSIMフリーを扱う通信会社も増えています。

僕はマイネオを利用していますが、月々のスマホ代が3,000円代に収まっています。データ使い放題プランもあるので紹介します。

SIMフリーとは??

そもそもSIMカードは、携帯電話に挿入されているICチップのことで、このSIMカードには、契約者の個人情報や電話番号などが記録されています。

このSIMカードが挿入されているスマホじゃないと、ネットに繋いだり、電話することが出来ません。

wifiがあれば、ラインをしたりyoutubeを観たりすることは出来ますが、wifi環境のない外などでの使用は出来ません。

au・ソフトバンク・ドコモなど、大手キャリアで契約しているスマホにはSIMロックが掛けられており、他社のSIMでは使用することが出来ません。

SIMロックとは

スマホ端末とSIMカードが同じ携帯電話会社で契約したものしか利用できないように、スマホ端末にSIMロックが掛けられています。auのスマホ端末に、ソフトバンクのSIMカードを入れても使えません。これはドコモも同じです。

最近は、どのキャリアもSIMロックを解除出来て、他社の携帯電話会社に移行出来るようになりました。

スマホ端末によっては、移行先の格安SIMが使用出来ない場合もあるので、利用する格安SIMの公式サイトなどで、自分のスマホ端末が使用出来るか確認して下さい。

SIMフリーは、端末に掛けられているロックを解除したスマホ端末のことで、どの携帯電話会社のSIMカードを入れても使用出来ます。

SIMロックが解除されている端末は、使える通信会社の幅も広がるので、SIMロックが解除されていない端末より高値で買い取ってもらえます。

  • SIMロックの掛かっているスマホは他社のSIMカードは使えない
  • SIMフリー端末は他社ののSIMカードも使えて、高値で買い取ってもらえる

格安SIMはなぜ安いのか?

大手キャリアのスマホ代が月々1万円もするのに、格安SIMのスマホ代が半額以下で使えるのは何故なのか?

格安SIM業者は、auやソフトバンク、ドコモといった大手キャリアの回線設備の一部を借りて運営しています。

さらに店舗を持たず、人件費も削減されている為、安く提供されています。

SIMフリーのメリット・デメリット

メリット

月々のスマホ代が激安

大手キャリアでの契約では月々のスマホ代が1万円だったのが、格安SIMに乗り換えてからは、半額以下の3000円代になりました。

大手キャリアの料金プランを見ると、プランの種類が少ない上、お得な方を選ぶと、対応しておらず、結局高いプランしか選べないということもありました。

格安SIMの場合、プランが細かく設定されており、自分にあったプランが選べます。料金表も大手キャリアと比べて分かりやすいです。

大手キャリアの料金表は分かりにくいし、安いから契約したけど、2ヵ月目からは高くなったり、とにかく説明が難しい!

その反面、格安SIMはシンプルな説明で、それ以外に料金が発生することはないなど、携帯料金に詳しくない人でも選びやすくなっています。

SIMフリー端末は高く売れる

SIMロックを解除してある端末は、契約出来る携帯電話会社の幅も広がるため、SIMロックの掛かっている端末よりも高値で買い取ってもらえます。

SIMロックの解除はネットで調べればやり方が出てくるので、自分で解除することが出来ます。

業者に代行してもらうと料金が発生してしまうので、出来る人は自分で解除することをおススメします。

2年縛りが少ない

大手キャリアとの契約では2年縛りのあるものが多いですが、格安SIM業者の場合、この縛りがないことが多いです。

2年の間に、新しい格安SIM業者やプランが増える可能性がありますが、この2年縛りのせいで、手が出せず、損をしてしまうことがあります。

格安SIMの場合、この縛りがないことが多いので、「こっちの方がお得だな」と思った時にすぐに乗り換えることが出来ます。

通話料金は高いが、プランが細かい

大手キャリアに比べて通話料金は高いです。ですが、月間60分月間30分など、プランの幅も広いです。

通話を全くしない場合は、通話オプションを付ける必要はないですし、月に10回程度や、1回10分程度の場合は、月60分までは通話料無料などのプランがあります。

今は、プライベートはラインで、予約の電話などは電話をすることが多いので、僕の場合は通話オプションを付けていません。

通話オプションを付けない場合は、通話した時間分の料金が発生してしまうので、月々の料金は通話時間により変動します。
自分の携帯使用量を調べて、通話時間が多いのか、少ないのかで通話オプションを付けるか判断してください。

デメリット

速度が遅い

格安SIMに乗り換えると、どうしても大手キャリアに比べると通信速度が落ちます。

これはキャリアの回線を使用していても、大手キャリアと比べるとスペックが劣るため、利用者が増えれば増えるほど混雑してしまいます。

また一度に出来るデータの送受信には限りがあるため、使用頻度の高い時間帯は通信速度が遅くなます。

通信速度が低下する時間帯
  • 7時~9時・・・通学通勤の時間
  • 12時~13時・・・お昼休憩の時間
  • 17時~19時・・・仕事終わりの退勤時間
  • 21時~23時・・・帰宅後、就寝前の時間

回線が混み合う時間帯が多いですが、21時以降は自宅にwifiがある人もいるので、そこまで気になりませんでした。

問題がお昼の時間帯、この時間帯はスマホを同じタイミングで利用するので、回線が混みます。

最近では通信の最適化などもあり、格安SIMが流行り始めた当初よりかは改善されていて、お昼の時間帯も気にならなくなりました。

5Gへの対応が不安

大手キャリは5Gの料金プランが提供されていますが、格安SIMでもデータ使い放題プランが提供されています。

5Gとは

第5世代移動通信システムの略です。
これまでに1G,2G,3G,4Gと提供されてきたが、5Gはデータの送受信に掛かる時間がかなり短縮され、データ量も膨大なため、大手キャリアではデータ使い放題プランが提供されている。

格安SIMの場合は、条件付きでデータが使い放題になることが多いです。その条件とはデータ通信の節約モードをオンにすることです。

節約モードは、通信速度がかなり落ちますが、その代わりにデータが使い放題になるというものです。

ですが、SNSの利用では画像の読み込みが遅かったり、youtubeでは、ロード状態になるなど、人によってはかなりストレスが溜まると思います。

安さが売りの格安SIMが5Gが普及した場合、どうなってしまうのかが不安ではあります。

5Gはデータ量が多いので通信制限が合っという間に来てしまい、20Gなどではカバー出来なくなってしまいます。

そうなると、格安SIMの回線ではキャパオーバーなのでは?と僕は疑問に思いました。

通話料金が高い

大手キャリアの通話料金とそこまで大差はない格安SIMですが、100円~200円程、格安SIMの方がお高くなっています。

これは、通話頻度や通話時間が長い人は通話オプションを付けるべきです。先ほども説明した通り、通話が、5分や10分以内なら無料というプランもあります。

月に数回、1~2分しか通話しない場合は、オプション無しの方がお得です。基本はラインをメインにすることで、通話料を抑えられます。

データ料金が安く、100~200円程通話料金が高いですが、トータルしても格安SIMの方が安いです。

キャリアサービスが使えない

au決済などのキャリア決済が使用出来なくなります。当然大手キャリアとの契約から外れてしまうので、当たり前なのですが、意外と不便です。

キャリア決済とは

クレジットカードなどの決済の代わりに、月々の携帯料金の支払いと合わせて決済出来るサービスです。

この場合は、クレジットカードデビットカードを作る必要が出てきます。

デビットカードでは、格安SIM業者によっては使用出来ない場合もあるので、確認が必要です。

デビットカードなら、口座から即引き落としなので、使いすぎる心配もありません。

携帯料金の支払いがクレジットカード

残念なのが、格安SIMの多くは、クレジットカードがないと契約出来ないことです。クレジットカードを持っていない人は、これが不便。

一度作ってしまえば、あとは楽なので、格安SIMへの移行を考えている人は、クレジットカードを作りましょう。

クレジットカードもデビットカードも楽天カードがおススメ!年会費も無料で、ポイントも貯まります。

有人店舗が少なく、ネット上のサポートになる

格安SIMが安いのには、人件費が抑えられていることも理由の1つなので、当然店舗も少ないです。

大手キャリアの店舗は各市に1店舗はありますが、格安SIMの場合、ほとんどありません。

そのため、足を運んで店舗に出向くか、ネット上でのやり取りになります。サポートは、電話メールチャットなどのサポートがあります。

チャットでは、リアルタイムでのサポートが出来るので、安心して利用出来ます。

端末によっては格安SIMが使えない

大手キャリアで使用していた端末では、他社のSIMが使用出来ない場合があります。その場合のサポートはされないので、自分で確認する必要があります。

ほとんどの端末は使用出来ますが、一度端末が対応しているか、乗り換え先の公式サイトなどで確認してみて下さい。

また、SIMのサイズもあるので、使用しているスマホ端末はどのサイズなのかも確認してみて下さい。

ラインIDの検索が使えない場合もある

大手キャリアから乗り換えた場合は、ID検索が利用出来る場合もありますが、格安SIMから購入した端末はID検索が利用出来ません。

ラインの年齢認証は大手キャリアと連携しており、格安SIM業者は連携していないため使うことが出来ないのです。

大手キャリアから乗り換え後にID検索が使用出来るのは、ラインの年齢認証は端末を認識しているためです。

一度年齢認証をクリアした端末は、その後にSIMを変えても利用することが出来ます。

格安SIMのおススメ3社

マイネオ auからの乗り換えがおススメ!!

マイネオ引用元:https://mineo.jp/
利用回線au、ソフトバンク、ドコモ
料金au(1,310円~) ソフトバンク(1,750円~) ドコモ(1,400円~)
おススメ!!マイネオはauからの乗り換えの方が料金が安い!

 

公式サイト

Yモバイル ソフトバンクからの乗り換えがおススメ!!

Yモバイル引用元:https://www.ymobile.jp/
利用回線ソフトバンク
料金Sプラン(2,680円~) Mプラン(3,680円~) Rプラン(4,680円~)
おススメ!!ソフトバンク光/Airとのセット割がお得!

公式サイト

UQモバイル auからの乗り換えがおススメ!

UQモバイル引用元:https://www.uqwimax.jp/
利用回線au
料金Sプラン(1,980円~) Rプラン(2,980円~)
おススメ!!auIDの登録でデータ容量アップ!

公式サイト

スマホは格安SIMに乗り換えるべき

人生に掛かる出費はスマホだけではないですよね。保険や税金その他もろもろお金が出ていきます。

少しでも安く、出費を抑えて、好きなものを買ったり、趣味を楽しんだり、自己投資をしたり、出費を抑えたお金で有意義に使いたいですよね。

そう考えると、スマホ代に1万円近く払うのは、勿体ないと感じます。格安SIMに乗り換えれば、月々のスマホ代が半額以下になります。

格安SIMにすると、1年間のスマホ代が6万円も節約出来ます。これで好きなもの買いましょう!!

僕はマイネオを使用していて、節約モードでyoutubeを観たところ、サムネイルの読み込みは遅いものの、動画自体は普通に観ることが出来ました。

これは場所や時間帯にもよりますが、データを一番消費する動画などは節約モードで視聴することをおススメします。