雑記

所得税の申告漏れに気づいた場合

今チュートリアル徳井さんの所得の申告漏れのニュースが話題ですよね。
所得隠しだったのか、ただの申告漏れだったのか真意は定かではありませんが、申告に不備があった場合は気づいた時点で申告し直さなければいけません。

申告をしなかった場合どうなるの?

なるべく不備がないように提出したいものではありますが、誰しも間違いはありますよね。
僕も簿記をやっていた時は数字びっしりで、今どこまで計算したっけ?っていうのがちょこちょこありました。疲れている時などは特に多かったです。

誰もが生きているうちに1回は失敗しそうな所得の確定申告ですが、申告漏れがあった場合はどうなるのでしょうか?

学生でもバイトしている方なら少しは耳にしたことがあると思いますが、
毎年1月1日~12月31日までの1年間に発生した所得税を次の年の2月16~3月15日の間に確定申告をして、税金を納めなければいけません。

毎年この時期になると自分で確定申告をしている方もいます。
慣れていない人は自分でやると失敗することもありますが、確定申告書等作成コーナーの説明通りに進めれば失敗することはないかと思いますが、もしも、失敗した時はすぐに訂正をしましょう。

確定申告を無視していると無申告加算税が発生してしまいす。
無申告加算税は期限内に申告しなかった場合に、課せられる罰金みたいなもので、
納付すべき額に対して50万円までは15%、50万円を超える場合は20%を乗じて計算された額を納めることになります。

自分で申告を忘れていたことに気づいたとしても、期限後の申告や所得決定後に申告した場合は無申告加算税が課せられます。

では、どのような場合に無申告加算税が課せられないのか。

  • 期限後申告が法廷申告期限から1ヵ月以内に自主的に行われていること
  • 期限内申告をする意思があったと認められる場合

これらの条件を全て満たした場合は、期限後申告でも無申告加算税は課せられません。

1つ目の期限後申告が法廷申告期限から1ヵ月以内に自主的に行われていること。
つまり、税務署から調査を受けてしまった場合は手遅れということなので、
注意を受ける前に納めましょう。

2つ目の期限内申告をする意思があったと認められる場合。については、さらに細かい条件を満たした場合に認められます。

  1.  その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限(口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日)までに納付していること。
  2. その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

この条件を満たした場合に認められます。
期限後申告で納める場合は、申告書の提出日が納期限となるので、その日に払わなくてはいけません。

申告はしていたけど、申告内容に不備があった場合はどうなる?

税金を多く納めてしまった、還付金が少ない

こういった場合は追加で納めるような加算税はありません。
多く払ってるのに更に払わされたら納得いきませんよね。
この場合は払いすぎた税金を還付してもらうために更正の請求をする必要があります。

更正の請求をすることで、払いすぎた税金を取り戻すことが出来ます。
更正の請求は原則、法定申告期限から5年以内と決められています。

更正の請求書は確定申告作成コーナーから作成できます。

税金を少なく納めてしまった、還付金が多い

納める税金が少なかった場合は修正申告をする必要があります。
これも税務署の調査を受けた後に修正申告をしたり、申告税額の更正を受けると新たに納める税金の他に少申告加算税が課せられます。

この過少申告加算税は、新たに納める税金の10%相当の額を納めることになります。
新たに納める税金が当初の申告納税額と50万円とのいずれか多い金額を超えている場合は超えた部分は15%になります。

気づいた時点でなるべく早く修正申告をすること。
税務署の調査前に修正申告をした場合は過少申告加算税は課せられません。

確定申告が期限後申告の場合は無申告加算税がかかる場合があります。
新たに納める税金は、修正申告書を提出する日が納期限となるのでその日に納める必要があります。この場合、納付日までの延滞税と併せて納めなくてはいけません。

修正申告書は確定申告作成コーナーから作成できます。

悪質な行為は刑事罰に問われることも

申告するのを忘れてた。というくらいなら、加算税という罰金で済みますが、
申告をしない理由が所得隠しの場合刑事罰に問われることだってあります。

基本的に申告漏れなのか所得隠しなのかハッキリとした証拠を得られないため、申告漏れで済まされることがほとんどのようです。

ですがチュートリアルの徳井さんくらい有名だと目もつけられやすいですし、催促の通知がいってるのにも関わらず、それを無視してしまう行為は所得隠しと疑われてもしょうがない部分があります。

所得隠しと分かった場合、
10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科せられます。

徳井さんは節税対策も兼ねて会社を設立したと思われますが、結果節税にならない事態にまで及んでしまいした。隠し事はいつかバレます。
それなら最初から払ってしまった方が結果お得ですからね。

まとめ:所得隠しはいつかバレる

所得隠しがバレてしまった徳井さんですが、隠し通すことは厳しいです。
所得隠しをする人はたくさんいます。
それだけ税金は高いし払いたくない人もいるでしょう。

だけど、それを払わないで、いつかバレるリスクを負うよりは払ってしまった方がいいですよね。バレてしまえば普通に申告するより多額の税金が持っていかれるわけですから、リスクを負って、いつバレるかとヒヤヒヤしながら生きるくらいなら僕は払いますね。

それが大きな会社になるほど、目をつけられバレるリスクは増えるのですから、払ってしまいましょう。

税理士を雇うのも手ですね。
税理士なら納める税金を最小限に済むように考えてくれるはずです。

税金を多く納めた時は、更正の請求。
税金を少なく納めた時は、修正申告。

申告漏れに気づいたらすぐに上記の手続きをしましょう。
何をするにも早く行動した方が勝ちです。