雑記

12月1日から「ながら運転 」罰則強化

最近、ながらスマホの事故が多いですよね。
前は運転中の通話など、まだ視野が奪われない程度でしたが、今の時代スマホを注視するなど思いっきり前が見えていない状態で運転をする人が多くいます。

僕が前に遭遇したのは、運転中に読書をする人がいました。
危ねーな!とも思ったけど、「あれ、集中して読めてんのかな?」って感想が真っ先に
頭に浮かんでしまった。事故らずに読み終わったのだろうか?

12月1日からながら運転の罰則が強化されます。
反則金も通常の3倍程度、正直もっと高くしてもいいと僕は思う。
そのくらいしないと人間またすぐやるだろうし。

でも、ながらスマホだけでなくカーナビや電話の応答なども携帯電話等使用の違反内です。
だけど、カーナビって運転中に見なきゃ分からないし実際どこまでが違反で、どこまでがセーフなのかを紹介していきます。

信号待ちにスマホをいじってはいけない??

厳罰化される前にどこまでがOKなのかを知っておく必要があります。
12月1日から道路交通法の改正と取り締まりの強化が始まります。
改正後の道路交通法の条文は以下の通りです。

.改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施行)
(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。
※一部抜粋

とあります。条文に「停止しているときを除き」と書かれています。
なので、信号待ちは含まれないということです。
ですが、誤発信を防ぐためにもサイドブレーキは引くようにしましょう。

スマホやカーナビを操作しながら、少しでも動いてしまえばそれは違反対象になります。
一時停止もそうですよね?しっかり一時停止せずに1~2km/hでも動いてれば捕まります。あの1~2kmのスピードで捕まるって一番ショックですよね。
ながら運転でも同じことが起こりうるわけですから、気をつけたいですね。

ながら運転の注視ってどのくらいなのか?

警視庁のHPでは、「無線通話装置(携帯電話)を通話のために使用し、自動車等に取り付けられた画像表示用装置(カーナビ・スマホ)に表示された画像を注視しないこと。」とあります。

注視は一体どのくらいから注視に入るのかと疑問に思う人もいると思います。
この注視は、2秒以上見続けると注視となり違反対象になるとのこと。

正直分からない道だと、2秒以上見ていることがほとんど。
これからは違反の対象になるので、チラ見程度にするか、道路の端に停車するなどの対応が必要になってきますね。(面倒くさいですが)

教習所では事前にルートを確認して運転すると決まっていますね。
そのため、教習車にはカーナビがついていません。(なつかしいな)

 

ハンズフリーの場合でもだめ?

ハンズフリーの場合、画面を注視するわけではないので基本的には道交法には触れません。
ただスマホをBluetoothで繋げているが、応答は画面を操作する場合は違反です。
たったワンタッチではありますが、画面の操作に当たりますので違反です。

古い車などはハンズフリー用のボタンがハンドルについてはいませんが、ハンドルに挟んで使えるボタンなども売られているので、使ってみるのもいいかもしれません。


2 dinカーステアリングホイールコントロールワイヤレスDVD GPSナビゲーションミュージックボタンポータブルリモートコントロールボタンカースタイリング

BluetoothイヤホンはOK??

Bluetoothイヤホンの場合、応答はイヤホン側のボタンを押すことになります。
そもそも運転中に通話をすること自体は違反ではありません。ですが、走行中に通話をするため、携帯電話の操作、画面の注視をすることが違反になるわけです。

Bluetoothイヤホンの場合は、携帯電話ではなく、画面を注視するわけではないので使用してもOKということです。

注意しておきたいのがイヤホンは自動車でも自転車でも一緒ですが、両耳での使用、または片耳でも周りの音(救急車やパトカーのサイレンなど)が聞こえないくらい音量の場合は、
違反対象になります。

罰則の対象にはならないものの、イヤホンやハンズフリーなどの通話を禁止している自治体があります。何故警察が違反ではないと言っているのに、各自治体は禁止するのか疑問に思いますが、事故などを減らすためにとられた対策なのでは?という考えと、
運転中にイヤホンで音楽を聴くことは違反になる
そのため、音楽を聴いていたのか、通話中だったのか。その判断が難しいため、
統一する目的で禁止にしているのではないかと思います。

違反点数・反則金は3倍に!!

運転中にスマホを手に持ち、通話・画面の注視した場合、1点→3点に。
反則金は、普通車6,000円→18,000円、大型車7,000円→25,000円になります。

ながら運転で事故を起こした場合、違反点数2点→6点で、刑事処分の対象になります。
ながら運転に対する取り締まりが厳しくなりました。

まとめ:乗り物は人の命を一瞬で奪う

たった一つの動作、数秒の判断の遅れが人の命を一瞬で奪うことになります。
僕はこれでも、この程度と思っています。
僕も車を運転するので、運転者の気持ちも分かるし、事故にも遭っているので被害者の気持ちも分かります。

車を運転する以上、いろいろな危険がついてきます。
一度にたくさんの動作をするので、人間ってすごいなぁ~って思う反面、見落としなどの
ヒューマンエラーもあるわけです。
そのエラーを補うために安全システムなどの開発が進歩しているのですが、またそれも完璧ではありません。
運転者本人が気をつけることが一番ですし、ながら運転や飲酒運転など自分で抑制できるものは減らし、少しでも事故のリスクを下げることが出来たらいいなっと思います。

事故に遭い怪我をした被害者は今後の人生を捨てざるを得ない場合だってあるのです。
充分に注意して運転をしていきたいと思います。