雑記

コインチェックの手数料は高い?販売所で買ってはダメ!!

みるちゃです。

最近は仮想通貨にハマっています。ビットコインがETFに登場したこともあり、かなり熱いですよね。

2021年現在はビットコインが700万円を超えたこともあり、再び仮想通貨ブームが来ました。

コロナが流行り始め、300万円代まで落ち込みましたが、現在は700万円と振り幅が大きく、ドキドキさせられます。

僕自身コインチェックも利用していて、過去に手数料を取られる失敗をしているので、「販売所では購入してはダメだよ」ということを共有したいです。

コインチェックの販売所の手数料はいくら??

FXなどの投資関連ではよくスプレッドというものを耳にすることがあると思います。

このスプレッドは売買した時の手数料のようなもので、直訳すると「広がり」という意味になります。

このスプレッドが狭いほど、利用者にとっては得なわけです。販売所のスプレッド(手数料)は一定ではなく、流動性の低下などにより変わってきます。

このスプレッドは仮想通貨によっても異なりますが、ビットコインの購入画面を開くと右上に実際の購入価格が表示されています。

これをビットコインのリアルタイムの価格と比較すると9万円以上変わってきます。購入画面の右上に表示されている価格で仮想通貨を購入することになります。

手数料で9万円以上取られる!!

手数料で9万円は高すぎる!!どこのぼったくりバーだよ!!

 

販売所で仮想通貨を購入すると、手数料でほぼマイナスになります。気づかずにポンポン販売所で購入している人は永遠に儲かることはありません。

コインチェックの広告で、「取引手数料が無料!!」を謳っていますが、これは販売所ではなく、取引所の手数料が無料っていうことなんです。

コインチェックの取引所と販売所の違いは??

コインチェックなどの仮想通貨取引所では基本的に販売所と取引所の2種類があります。これらの違いは、店(コインチェック)から買うか、友人(ユーザー)から買うかの違いです。

フリマアプリを利用したことがある人は分かると思いますが、メルカリやラクマで出品すると購入された際に手数料が取られますよね。これがスプレッドのようなものです。

逆にジモティーなどはユーザー同士の取引になるので、商品の価格のみで取引が出来るわけです。

どちらもコインチェックというプラットフォームを利用していますが、企業から買うかユーザーから買うかで手数料が取られるかが変わってきます。

  • 販売所は店から仮想通貨を買うから手数料がかかる。
  • 取引所はユーザーとの取引だから手数料がかからない。

コインチェックの取引所がない??

コインチェックの取引所はアプリからではアクセスできません。アプリにあるのは販売所なので注意しましょう。

販売所で取引する場合は必ずコインチェックのwebサイトからアクセスします。

コインチェックの取引アカウントでログイン後、ホームから板取引(取引所)ができます。一番左の現物取引の部分にそれぞれ取引したい数量を入力していきます。

レートの部分には購入した価格を入力し、いくら購入したいのかを概算の部分に入力すると注文量は自動入力されるので、購入なら「買い」売却なら「売り」を選択して注文。

これでリアルタイムの価格が入力したレートになると実際に売買されます。ここでの取引は手数料が無料なので安心して利用できます。

コインチェックの取引所はアプリからは利用できない。ブラウザから利用しましょう。

コインチェックの取引所の使い方

ブラウザからコインチェックにアクセスし、ホームをクリックすると、取引所があります。一番右に表示されているものは、リアルタイムで取引されている買い板と売り板です。

取引所から仮想通貨の売買をする場合は、真ん中の板で注文する必要があります。基本的にはレートと概算を入力すればOK!!

レートは仮想通貨の価格のことです。1BTC=600万円で購入したい場合はレートの入力欄に600万円と入力。

そして概算の入力欄にいくら購入したいのかを入力します。1万円分購入したいのであれば1万円と入力。

そうすると、注文量は自動的に入力されます。あとは、買いか売りかを選択して注文をします。これで板取引は完了です。

板取引を利用すれば「1BTCがいくらになったら、〇万円分購入する」という注文をすることも可能です。

BTCのリアルタイムの価格がレートに入力された価格になった場合に、概算に入力された金額分だけ購入することができる。