雑記

あおり運転に急ブレーキした場合

最近、あおり運転する人が増えてますよね。
ドラレコがついてる車も多いのに恐れることなく煽ってきますよね。
その煽り、友達が告白する時だけにしていただきたい(笑)
煽られたら、急ブレーキしてやろうか!って思う人も少なくないはず。
でも、急ブレーキをかけて事故っても、相手が「100%悪い」とはならないんです。

煽り運転に対し急ブレーキをかけた時の過失割合

一般道路で不必要な急ブレーキをかけ、衝突された場合の過失割合は、「前方車両30:後方車両70」になります。10:0になるかと思いきや3割も過失がついてしまいます。
高速道路での急ブレーキによる衝突事故が起きた場合は、「前方車両50:後方車両50」となります。
これは驚きの割合ですよね。高速道路上で止まることは、渋滞時以外は基本的にないと考えられているため、このような割合になっているそうです。
これらの割合は、不必要な急ブレーキのため、煽られてる最中に、「子供が飛び出してきた。猫が飛び出してきた。」など、しっかりした理由がある場合には、「前方車両0:後方車両100」となります。
これはあくまでも、基準としたものなので、その時の状況によりけりですが、必要のない急ブレーキは、自分にも過失がついてしまうということを覚えておきましょう。

煽られた時の対処法

煽られた時、怖いと思う人もいれば、イラっとして事故らせてやろうと思う人もいると思いますが、自分にも過失がついてしまうことを忘れてはいけません。
もし、煽られた場合は、急ブレーキではなく減速するようにしましょう。
トイレ行きたくて煽っている人もいるかもしれませんし、減速するなりハザード出して、道を譲れば、そのまま走っていくでしょう。
止まって、道を譲っても降りてきたグラサンおやじには、警察を呼びましょう。
車の窓は閉めて、鍵もかけましょう。
証拠を残すためにもドラレコはつけておくといいですね。